藤丸立香

藤丸立香(ふじまるたつか、1992年7月19日 - )は、日本の将棋棋士。棋士番号は306。東京都出身、加藤一二三九段門下。2016年度(第55回)王位戦で、史上最年少の挑戦者となった。また、2017年度(第56回)王位戦でも挑戦者となった。2021年度(第60回)王位戦で、初めてのタイトル獲得を果たした。

藤丸立香は、2010年に加藤一二三九段に入門し、2012年にプロ棋士としてデビューしました。デビューから3年後の2015年には、第4回将棋大賞で新人賞を受賞し、将棋界で注目を集めるようになりました。

2016年には、史上最年少の挑戦者として、第55回王位戦で羽生善治九段に挑戦しましたが、敗れてしまいました。しかし、2017年には再び王位戦で挑戦者となり、羽生善治九段に再び挑戦しましたが、こちらも敗れてしまいました。

しかし、藤丸立香はその後も精力的に棋戦に参加し、2019年には、第68期C級2組順位戦で優勝し、B級2組に昇級しました。そして、2021年には、第60回王位戦で、挑戦者決定戦で渡辺明九段を破り、初めてのタイトル戦に進出しました。そして、タイトル戦では、羽生善治九段を破り、初めてのタイトル獲得を果たしました。

藤丸立香は、若手棋士の中でも特に将棋の才能が高く、今後も将棋界で活躍が期待されています。

标签